お店紹介

【割引券あり】キモかわいい展をお得に楽しむ方法【ヒカキンも来た】

http://www.tokyo-solamachi.jp/cms-img/event/61098d58a307f0ff348a8dfda81ee6ca56212020181005474.png

東京ソラマチでは、「キモイ(⊙◞౪◟⊙)」と「かわいい(✿╹◡╹)」が共存した珍しい生き物達が大集合するイベント《キモかわいい展》が開催中です。YouTuberのヒカキンさんやバービーさん等有名人も続々来場しており、にわかに注目を集めています。
これから《キモかわいい展》に行ってみよう!と考えているあなたの為に、ちょっと安く楽しむための割引情報をご紹介します!

トップ画像は東京ソラマチHPへのリンクです。

キモかわいい展とは

f:id:pHp:20180620041408j:plain

昨年20万人以上が来場した見た目がちょっと気持ち悪い生き物たちを集めた展覧会「キモイ展」が、新たに「かわいい」要素をもった生き物たちでリニューアルした展覧会です。思わず「キモイ。でも、かわいいかも」と思える生き物たちに出会えること間違いなしです。

キモかわいい展 -開催概要-

キモかわいい展は、東京・大阪・名古屋の3大都市での開催が予定されており、現在は東京スカイツリーのおひざ元東京ソラマチにて期間限定で開催中です。

f:id:pHp:20170604225025j:plain

東京会場

場所 : 東京スカイツリータウン・ソラマチ5階 スペース634
会期 : 2018年6月7日(木)~7月8日(日)
時間 : 10:00~20:00 ※入場は閉場30分前まで
(※キモかわいい展HPより)

大阪会場

場所 : 京セラドーム大阪 9F スカイホール
会期 : 2018年7月14日(土)~9月2日(日)
時間 : 11:00~19:00 ※入場は閉場30分前まで
(※キモかわいい展HPより)

名古屋会場

場所 : 名古屋 PARCO 西館 6F パルコギャラリー
会期 : 2018年12月7日(金)~2019年1月20日(日)
時間 : 未定
(※キモかわいい展HPより)

イメージキャラクターはバービーさん

今回の展覧会のイメージキャラクターはフォーリンラブのバービーさん。初日には、キモかわいい生き物と触れ合える「ふれあいコーナー」にバービーさんが登場しました。また、後ほどご紹介する展覧会のグッズでは、ここでしか買えないバービーさんとのコラボグッズも販売されています。

f:id:pHp:20180620041754j:plain

ヒカキンさんもやって来た!

日本一有名なYouTuberのヒカキンさんも来場し、キモかわいい生き物に餌をあげたり、抱いてみたりと期待を裏切らないおもしろ動画を撮影されています。

youtu.be

展覧会では、動画撮影の際にヒカキンさんがサインしたパネルが展示されており、来場記念に撮影することができます。

TVでも取り上げられています

TOKYO MXテレビ(東京のローカルテレビ局)でも、キモかわいい展から中継が行われ、なかなか衝撃的な生き物たちが地上の電波にのってお茶の間に放送されました。下の動画の20分前後からキモかわいい展の特集になっています。

じわじわブームになりそうな予感がしますね。

youtu.be

キモかわいい生き物たちをご紹介します

キモかわいい展では、約30種のキモイ生き物とかわいい生き物たちが私達人間を出迎えてくれます。どんな生き物たちに出会えるかは、展覧会に行ってからのお楽しみですが、展覧会のアイコン的な生き物たちをキモかわいい展の公式Twitterからご紹介します。

メンフクロウ

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c1/Barn_owl.jpg

メンフクロウ(面梟、学名:Tyto alba) は、フクロウ目メンフクロウ科に分類される鳥類の一種。

ネズミやモグラなどの小型哺乳類を捕食する。和名は仮面を付けているように見えることからつけられた。
(※Wikipediaより)

確かに仮面をつけているように見えますね。キモかわいい。

アオホソオオトカゲ

http://www.city.sapporo.jp/zoo/b_f/b_24/images/b_24_32.jpg

インドネシアのバタンタ島のみに生息する。低地の熱帯雨林で暮らし、樹上生活が主であまり地上には降りてこない。体色は鮮やかな青色の地に黒っぽい網目が入る。
1990年代後半に新種として発見された。動物食で、昆虫や小型は虫類、小型鳥類を食べる。
(※札幌市丸山動物園HPより)

キモかわいいというよりは、体表が青色に輝くため神秘的な印象のオオトカゲです。アオホソオオトカゲのように、未だ発見されていないキモかわいい生き物は沢山いるのかもしれません。

 ハダカデバネズミ

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/83/Naked_Molerat_001.jpg/1024px-Naked_Molerat_001.jpg

完全地中棲。10匹以上290匹以下(平均75 – 80匹)もの大規模な群れ(コロニー)を形成し生活する。
群れの中で1つのペアのみが繁殖を行い、群れの多くを占める非繁殖個体のうち小型個体は穴掘りや食料の調達を、大型個体は巣の防衛を行う。門歯で穴を掘り、後肢を使い掘った土を後ろへ掻き出す。

地中は温度の変動が少ないが体温が低くなると密集したり、逆に体温が高くなるとトンネルの奥へ避難する。
(※写真・解説はWikipediaより)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1f/Naked_Mole_Rats-cropped.jpg

ハダカデバネズミは、生まれたての赤ちゃんのような見た目をしたネズミです。社会性があり、役割分担をして集団生活をするため、繁殖するのも1ペアのみとのことです。寒くなった時におしくらまんじゅうしていると思うとキモかわいいですね。

 キンカジュー

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/31/Potos_flavus_%288973438737%29.jpg

 キンカジュー (Potos flavus) は、アライグマ科キンカジュー属に分類される食肉類。メキシコ南部からブラジルにかけて分布。
(※写真・解説はWikipediaより)

Wikipediaの写真に比べると、キモかわいい展にいるキンカジューは、キモイ度がましている気がします・・・。

ふれあいコーナー

キモかわいい生き物たちの一部に触れ合える日があります。どの生き物と触れ合えるかは同日のお楽しみのようです。

日時:毎週(月・水・金)15:00~15:30
(※キモかわいい展HPより)

キモかわいい展 オリジナルグッズ

展覧会といえばオリジナルグッズ。キモかわいい展HPによりますと、キャンディ、フェイスタオル、チョコマシュマロ、クリアファイル、メモ帳などのオリジナルグッズが販売されているようです。

http://kimokawaiiten.jp/tokyo/images/goods.png

キャンディは値段もお手頃価格ですので、ばら撒きようにもよさそうです。

また、キモかわいい展のイメージキャラクターを務めているバービーさんとのコラボグッズとして、フェイスタオル、クリアファイル、メモ帳がも販売されているようです。

http://kimokawaiiten.jp/tokyo/images/goods_clb.png

キモかわいい展 -割引情報-

キモかわいい展の入場料は、当日券が800円、前売り券が700円となっています。
これから開催される大阪や名古屋へ行かれる方は、今のうちに前売り券を購入しておくのがよいでしょう。

すでに会期中の東京の場合、当日券のみの販売となります。

ここで割引券の情報です。東京ソラマチでは、下の画像のキモかわいい展の広告(フライヤー)が各階のラックに置いてあります。

f:id:pHp:20180620043749j:plain

この広告の左上によく見ると100円引きのクーポン券がついています!これで当日券で入場しても前売り券の料金と同じ700円で入場することができます。

事前に発券したりする手間がありませんので、おすすめです。

f:id:pHp:20180620043745j:plain

いかがでしたでしょうか。キモかわいい展にについて、まとめてみました。

おしあげ探検隊では、スカイツリーやソラマチの情報もたくさん掲載していますので、キモかわいい展とあわせて遊びにいく場所をチェックしましょう!

スカイツリーでは、アベンジャーズとのコラボイベントなども開催中です。

お役に立っていたら、いいね!やRTをしていただけると励みになります(ボタンはページの最初と最後にあります)。

[あわせて読みたい]こちらの記事もおすすめ